• ALOHA

ハートの声を聴く

柔らかな日差しの本日、湖畔で秋の香りの爽やかな風に吹かれながら、ブログを書いております。


美しい太陽と母なる大地。

もし、とても疲れた方がいたら、今ここにご招待したいな、と。

芝生の上で仰向けで空を見上げて、時間に囚われることなく、周りのあれこれを気にすることなく、世界という愛を感じる時間。

こんな時間が持てることを、数年前は、数ヶ月前は想像していなかったな、と、今感じています。

何もしない豊かさがあり、何もしないでいられる自分があることに深く感謝です。


時間があっても、何かしなきゃいけない感じに囚われていたことを思い出したり、その頃はその頃の精一杯の自由を感じていたけれど、この感覚もまた、深まるものなのだな、と。

ゆっくりする時間に、未来のことや誰かのことは考えなくていいし、自分を自分で満たす時間がとてもおすすめです。

基本的には未来のことは未来になってから考える。今は今自分がすべきこと、自分のハートの望むことを考える、そして行動する。それらは後悔のないスッキリとした人生を創り出しますね。

もちろん、相手がいることは相手の気持ちも尊重して動く必要がありますが、まずは、自分がどうしたいのか?そこに目を向けて、いつでも自分のハートを優先順位一位にしておきたい。

ハートの感覚だと思っていたものが、エゴだったりしますが、そこにプラス何か感情がやってきたら、エゴかと思います。笑

ハートかエゴか?これは体験からしか育てていけない感覚ですが、いつもお伝えしている、たくさんの体験が必要だということは、そのためでもあります。


さて、

忙しさというのはどこからやってくるのでしょうか?

私たちが何かを頑張り過ぎる時、何かに追われる時、心の不足感が原動力となっていることが多々あります。

もしくは、そうである必要がある、という思い込みによる習慣。

あとは先ほど書いた、未来のことで頭がいっぱいの時、とても忙しくなります。


私たちは、私たちが完全な愛で光である、という実感が強まるほどに、それらを自然と手放していくことができる。

その確信なしにはなかなか手放せない部分でもありますが、すべての人にとって可能なことです。

なので、自分を感じる時間を定期的に持つことが大切です。

そして、自分だけの時間でありたいアライメントなどの時間に、自分のオーラの内側もクリアにしていきたい。

何にもとらわれていない、自分の中に誰もいない時間。心と体の健康のためにとてもとても大切なひと手間です。

どんな大切なものも、どんな大切な人も、その時間は自分のオーラから出ていってもらって、そして自分に愛をたくさん注ぐ時間としていきましょう。

何も問題はないこと、すべて大丈夫であること、すべて完璧であること。

そのことを思い出していきたい。


執着や不安や気掛かりや、それらから自由になる。


今ここを生きること。

被害者をあえて選択しないこと。


これはハートかな?エゴかな?とわからなくなったら、お問合せくださいませ。笑

直感!というものもまた、直感がどこからきているかによります。

思考からきているか、ハートから流れてきているか?


自分を知り、自分を理解して、自分を愛していく人生、共に楽しんでいきましょう^^


ではでは

母なる自然の大きな愛の中で、宇宙の愛と光と共に。

ALOHA