• ALOHA

美しい世界の中で

こんにちは。

河口湖は紅葉真っ盛り。

静かな冬の前の美しい季節です。


夕暮れ前の公園に出かけて、ふと前を見たら、とても美しい世界が広がっていました。

世界は美しい。

それはとても深い真実です。


私たちそれぞれが世界をどう見ようとも、どのように判断しようとも、どんなに嫌がっても、また、どんなに無関心でも・・・

世界は美しいのです。それが真実。


世界を美しいな、と、純粋にそう思える自分自身が嬉しいな、と思いました。

そう思えなかった時間は長かったように思いますが、苦しみや痛みや様々なエゴやトラウマが、ただ目を曇らせていただけなのだと理解しています。


そして、幻想を超えたところにある喜びと愛を多くの人と感じていきたいなと、そんなことを改めて感じている今日この頃。


私たちは生まれた時からすでに愛でありました。

世界が美しいという真実と同じですね、私たちもとてもとても美しい。

過去に、自分や誰かが自分のことをどう扱ったとしても

いま、自分や誰かがどう言おうとも、どう判断されようとも、その真実は損なわれない。


何も損なわれず、何も足りない物はない。

どちらかというと余分な物を持ちすぎているだけですね。

自分を見る目を曇らせているのはなんでしょう?