• ALOHA

違うことが自然

こんにちは。


今日は日差しは強いけれど爽やかな秋の1日でした。


湖畔を運転しながら、山々の美しさを感じながら、今までとはまた違う感じで自然をみておりました。

山があって、そこに抱かれるように集落のようなものがあって、そこには人が集っている。

自然に抱かれて、人の生命、人生が運営されているんだなーと。

たくさんの光が山に抱かれて守られているような、そんな風景を見て、地球の愛を改めて感じました。

東京もまた、たくさんの光の集う美しい場所だな、と、ふと都会を思い出したりして。


自分が自分であろうとするとき

どこにいようとも、それは可能です。

自分が自分を快適に保ってあげることができれば、どこにいても誰といても、それは可能。

でも、私たちは、何かの影響を受けるという習慣があるので、時に、自分を保つのが難しかったりします。


もちろん、アライメントして浄化して、自分のオーラをクリアに保つことで、自分が自分でいることが出来ますが、どうしても外れない思考、どうしても終わらない不安や後悔、どうしてもおさまらない恐れや孤独感、そんなループにはまったときは、自然の中にいくとハートが開くので、少し自分がとりもどしやすくなりますね。


でも、それをどうにかしようと思って自然の中に行くと、思考的なのでうまくいかないことも多いかと。笑


すべてを大いなる流れに委ねる。

すべては愛で、ソースからやってきて、ソースへ戻る。

私たちも、他のすべて、出来事も、すべて、ソースから愛としてやってきて、用事が終わったらソースにかえります。

物事の3次元的側面だけを見るのではなく

広く多次元的な目線で物事を見ることができるようになると

世界のすべてが愛なのだ、と、深く気づいていくことができるはず。


そして私たちは個人個人がそれぞれ違って・・・なので、「あの人おかしいよ」って思うのは、当たり前と言うか、違うことが自然です。

もちろん、それは考え方が違ったりエゴがあったり、いろんな意味で違うとは思いますが、その全ての違いが、いい悪いではなくて、自然です。


それぞれがそれぞれの周波数を持っていて、それらが完璧に影響し合う。気付き合う。