• ALOHA

完璧性について

こんにちは。

しっかりとした雨でじっくりと地球が潤い補給。

河口湖は雲が低くて霧の中です。


すべて完璧であることの完璧性について少し書きたいなと思いました。


Q:完璧完璧というけれど、完璧である事の範囲は、どこまで?

A:すべてですよー。


人の思考の中では、

成功につながれば完璧

とか

思いがけずいいことにつながれば、完璧

とか

スムーズにことが進めば完璧、とか


そんな感じで完璧性を理解するためのジャッジが行われます。


そのすべてを超えて

失敗に繋がっても完璧

びっくりするようなトラブルにつながっても完璧

全くうまくいかなくても完璧

です。


(成功や失敗という定義はまた、人の思考の中だけのものですが)


例えば、コンサートに行って、その主役の誰かが登場することなくても

それは完璧。


何か、私たちの思考では分かり得ない壮大な善きことにつながっている、という事です。


そこで、怒るかもしれず、悲しむかもしれず、がっかりするかもしれない

でもそこで感情が動いたならば、それは何か大切な気づきへのキーです。


執着があるな、ジャッジがあるな、疑いがあるな、期待があるな、などなど

私たちは私たちの体験や感情を通して、学び成長していく。


誰かを怒らせてしまっても

それは大いなる導きのもとでの出来事。

気づきと成長のために、誰かが誰かを怒らせる必要があるし

そしてそこからお互いが学び合う。


どちらが優れているとか劣っているとかではなく

どっちが年上かとか、どっちが地位が高いとか、そんな事は関係なく

すべての人々が気付きあい学び合う。


それは、一分一秒の誤差もなく、完璧な出来事であります。


もうちょっと早ければ!とか思った時

もうちょっと早かったら、今、目の前にある体験はできませんでした。

もうちょっと早くなくて、このタイミングがベスト、完璧なのだ、と認識したい。


なんだかわからないけど、これがベストなのだ、と。

今ここで自分が体験していることが自分にとっての最善の体験なのだと、理解したい。


そこで感じている感情が、幸せ以外のものであったならば

それは癒して浄化して手放す。


私たちは、喜びと幸せを体験するために日々進化して成長しています。


すべての困った出来事は、自分に変化を促すメッセンジャーです。

それもまた、完璧。

病気は私たちに変化を促しています。

体調の悪さは、私たちに気づいて欲しいことを訴えています。


その完璧なメッセージたちを受け取り、そして喜びと幸せの毎日に進んでいきましょう。


私たちはソースの愛と光。

疑いを手放して、愛と光に満たされていきましょう。

今日という完璧な一日に感謝を込めて


ALOHA



時間調整に立ち寄ったスタバに飾ってあった不思議きれいな絵。





48回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示