• ALOHA

春という季節に

こんにちは。


今日は富士山が美しすぎて、涙がほろりと。

とても優しく美しい周波数でした。


午後は、初オンラインの陰ヨガクラス。

ヨガ中にいつものクラスの3倍くらい言葉を発していたような気がします。笑

オンラインだと、それぞれのスペースで一人で取り組んでいるので、繋がってますよの合図ではないですが、私が話す必要があるんだな、と。色々と学んだ時間でした。


オンラインや対面で色々違いはあるけれど、私はいつでも愛の通り道となっているだけ。

必要なものは必要な方に届き、それぞれがそれぞれ受け取るべきものを受け取っている。

私の存在意義はただそこなのだな、と、どれだけ混じり気なしにソースの純粋な愛を流せるか。

そんなことを感じながらの初体験は、とても美しいものでした。


キネシオロジーを始めた頃から、身体の気の流れである経絡というものが大好きで

経絡さえちゃんと整っていれば肉体はだいたい大丈夫だと信じております。

(チャクラもですが、チャクラはハートが開いていればだいたい他も大丈夫です。笑)

なので、私の提供している陰ヨガも、経絡と感情にフォーカスした感じになりつつ。

同じ理論を学んでも、自然となんとなく自分カラーになっていくのは、創造性ですね。

何についても、理論はあくまで理論、その中に自分ハートの共鳴するものを探していく。それだけが、自分の真実です。

共鳴しないものは、すっかり記憶の彼方で覚えてもいない、何か勉強した暗記したことを思い出せなかったりはよくあることだと思いますが、それでいいのだと思います。

大切なのは、自分の真実を忘れないこと。です。


春という季節は、五行では木。

芽吹いて伸びゆくエネルギー。自由に伸び伸び進みたいところですが、それをストップしてしまう制限がかかっているとイライラしやすい。

先日も書いたように、自分を誰かに合わせている時もまた、同じようなイライラに遭遇しますね。

変わろう変わろう、という気持ちも湧いてくるので、よりそのストッパーを感じやすいのかなと思います。


全部が全部それに当てはまるとは思ってないので

春なので木の陰ヨガやります!とかはないのですが(春になってから一回もやってないかも知れない^^;…)